ユネスコ生命倫理学講座(ハイファ)国際ネットワークの紹介

ユネスコ生命倫理学講座(ハイファ)国際ネットワークの紹介

ユネスコ生命倫理学講座(ハイファ)国際ネットワークとは、ユネスコ生命倫理学講座講座(ハイファ)の主宰者であるCarmi教授が、世界における生命倫理教育の向上のために各国に設けた支部の国際的組織です。

国際ネットワーク化により、ユネスコが2005年に総会で採択した「生命倫理と人権に関する世界宣言」(Universal Declaration on Bioethics and Human Rights)の精神を世界各国の教育に反映させることが主目的です。

現在(2014年12月)、国際ネットワークは国/地域から56の支部(Unit)で構成されています。日本支部(2011年、東京医科大学に設置)も56支部の一つです。

各支部は、当該機関及び国内における医療倫理ならびに生命倫理の教育改善に自ら努めるとともに、各国の支部と協力して、世界の医療倫理ならびに生命倫理の教育向上に寄与することを主な目的としています。